第10回 "Until the Cows Come Home"の意味

"Until the Cows Come Home" 「ずっと」

「ずっと」、「いつまで経っても」
牛(乳牛)は外に出してから、ミルクが出るようになるまでなかなか帰ってこないことから、
この「牛が帰ってくるまで」を長い時間を指すときに使われています。

▽Example

Yuka: Hey Hiroko, do you know how many reports Martin is making every week?  
(ねえヒロコ、マーティンが毎週どれだけレポートを作っているか知ってる?)

Hiroko: Well, I know he's always banging harder on his keyboard early every Monday morning, and Friday night as well.  
(えー、毎週月曜の朝から強くキーボードをたたいているのは知っているけど。あと金曜の夜も。)

Yuka: Yeah, I've heard that too, but he also has other reports for management meetings during the week that we don't know about, I think.  
(うん私も聞こえてる。週中にも私たちの知らない経営会議のレポートがあるんだよ。)

Hiroko:  Ahh, I see.  So basically he's going to be making reports until the cows come home for the rest of his career.  
(へーそうなんだ。じゃ残りのキャリアもずーっとレポートを作り続けるんだね。)

Yuka: That's for sure!  Maybe he could write a book about how to make reports some day!
(間違えないね。そのうちレポートの作成方法について本でも書くかもね。)

上記のように永遠のような長い期間を指す場合は、この"Until the Cows Come Home"を使えば
「ずーーーっと」というニュアンスが伝わりやすくなります。

 


新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!