第6回 "Go Down the Drain"の意味

"Go Down the Drain" 「むだになる」

"the drain"は下水という意味ですので、「下水に流す」≒「無駄になる」という意図で使われています。
"waste"よりも無駄になってしまった、というイメージが良く伝わるイディオムです。

▽Example

Masako:  Hey Peter, I'm almost finished with that translation you needed for your client.  
(ピーター、クライアント用の翻訳がもう終わりそうよ)

Peter:  Oh yeah, thanks for reminding me!  I got a call from them yesterday and there's a little problem... 
(ああそう、思い出した。昨日電話があってちょっと問題が。。)

Masako:  Uh-oh, that doesn't sound good.  What happened?  
(え、何か良くない感じね。どうしたの?)

Peter:  Unfortunately, they have decided to change the content of the document completely, and we'll have to start over.  I am really sorry!         
(実は文書の内容を完全に変えることになったそうで、初めからやり直ししないといけないんだ。本当ごめん!)

Masako:  Oh boy, looks like all my hard work just went down the drain!   
(うそでしょ。あんなにがんばったのに無駄になるなんて!)

Peter:  I feel really bad about it.  How about I treat you to lunch to make it up to you?  
(本当ごめん。埋め合わせにランチをおごるのはどう?)

Masako:  That sounds great, thanks! 
(それはいいわね。ありがとう!)

台無しになったことを相手に訴えるかけるときには、このイディオムを使うと有効かもしれません。

 


新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!