第48回 "Cut To The Chase"の意味

「要点を絞る」

"cut to the chase"は、無駄な部分を省き、核心をつくことを指します。この表現は、無声映画でクライマックスになる前に車などの追跡(chase)シーンが必ず入ることから生まれたといわれており、
当時の映画会社の重役が、観客が飽きないように追跡シーンを省くように言ったことが由来ともいわれています。


▽Example

​Miguel:  Hey Charlotte, are you all ready for the client meeting today?  
(やあシャーロット、今日のクライアントとの会議は準備できてる?)

Charlotte:  Yep!  Did you prepare all the slides for the PowerPoint presentation?     
(ええ!パワーポイントのスライドは全部準備できてる?)

Miguel:  Sure did.  And I edited out some of the less important slides since we're meeting the CEO.     
(もちろん。CEOに会うから、あまり重要でないスライドは省略しといたよ。)

​Charlotte:  ​Good idea. CEOs are so busy that it's always better to cut to the chase.          
(それはいいわね。社長っていつも忙しいから、要点を絞ったほうがいいよね。)

​Miguel:  Well, let's hope that he is impressed with our offering.  We spent a lot of time creating this special package!     
(そうだね、我々のオファーに感動してくれるといいけど。この特別パッケージをつくるのにすごい時間をかけたんだから!)
     
Charlotte:  I have a good feeling about our chances.  This CEO is friends with our Marketing Director, so I think that special connection will help.   
(良い予感がするの。社長は私たちのマーケティングディレクターと親交があるから、その繋がりが役立つと思う。)

​Miguel:  Oh great!  Well, let's cross our fingers and hope for the best!  
(ああそれはいいね!うまくいくことを祈ろう!)

 

新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!