第45回 "Get Bang For The Buck"の意味

お金を払う価値がある

ここでの"bang"は"excitement"、"buck"は"money"の意味になるスラングです。
"buck"はもともと"deer"(鹿)の意味になりますが、ネイティブアメリカンの時代に、鹿の硬い皮がお金として使われていたことから、"money"として使われるようになったという説があり、
"Get Bang For The Buck"は、お金や努力を費やした分の結果が得られることを表すイディオムとして、広く使われています。

▽Example

Mary: ​ Ted, have you heard about any plans for the company to attend the big Expo next month?   
(テッド、来月会社が出展する大きなエキスポの予定について聞いた?)

Ted:  Actually I just had a meeting about that and was asked to prepare some PR materials for it.  We already signed up and will have our own booth for all 3 days.  
(実はさっき会議でそのためのPR資料の準備を頼まれたんだ。既に決まったみたいで、3日間ずっとブースを置くみたい。)
    
Mary:  ​Oh, that's good news.  I guess it is pretty expensive, but I think we'll get very high exposure so it's worth it.   
(それはいいわね。すごく高そうだけど、高い露出になるし、やる価値あるわ。)

​Ted​:  ​You're right about that - we'll definitely get more bang for the buck compared to station ads.   
(それはそうだね。駅広告に比べて、お金を払う価値があるよ。)

​Mary:  ​I agree. It is always good to get out and promote the company face to face with potential clients.  
(確かに。外に出て、見込み客に対面で会社の宣伝をするのは良いわよね。)
     
Ted:  ​And maybe we can find a nice place to do a company dinner when it's all over!    
(それに終わったら、ディナーの場所も見つかるかもしれない!)

​Mary:  Yeah, I'm sure the company will treat us after what I am sure will be a tiring 3 days! 
(そうね、3日間の疲れのあとには会社がごちそうしてくれるはず!)

"How much bang for the buck do you really think you get?"と、どのくらいの価値があると思うか、と聞くときに使うこともできます。

 



新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!