第38回 "Between A Rock And A Hard Place" の意味

窮地に陥る

 "Between a Rock and a Hard Place" はローリングストーンズの歌にもありますが、2つ以上の困難な選択や要求を迫られたり、ジレンマを感じる様子を指すイディオムです。
ほかにもその土地の文化によってさまざまな言い方があり、ジョージ・ハリソンもカバーした歌の題名でもある"between the devil and the deep blue sea"や、ギリシャ神話から生まれた"between Scylla and Charybdis"などがあります。
動詞はbe caught や be stuckと一緒に使うのが一般的です。

▽Example

Frank: Hiroko!  It is so good to see you again!  I've really missed you since I left the company.  
(ヒロコ!また会えてうれしいよ!会社を辞めてからずっと会いたかったんだ。)

Hiroko: Yeah, same here!  How's the new job going, by the way?  
(ええ私も!ところで新しい仕事はうまくいってる?)

Frank: Well, I really like the people I work with, but there's a lot of work to do on building my new team.  
(そうだな、一緒に働いている人は好きなんだけど、自分のチームをつくるのにやることが多くて。)
 
Hiroko:  I can imagine.  It takes a lot of time to recruit new people and get them through the interview process.      
(そうだよね。新しい人を募集して、面接のプロセスに持ち込むのも時間がかかるもんね。)
 
Frank:  Yeah, and I also have to make sure I hit my own Sales Target at the same time!  So I'm kind of stuck between a rock and a hard place.  
(うん、しかも同時に自分の営業目標も達成しないといけないからね!だから窮地に陥ってる感じだよ。)

Hiroko:  Sure sounds like it.  There is not enough time to do both, so you'll be working a lot of overtime, I guess.   
(本当にそのようね。両方やるには時間が足りないから、残業多いんじゃない?)

Frank:  That's for sure.  However I can't complain as I took this job to move up to Manager level, so will do my best!   
(間違いないね。でもマネージャーレベルに昇格するためにこの仕事を選んだんだから文句は言えないよ!だからがんばる!)

 



新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!